家庭教師の指導ではどんなテキストを使う?

家庭教師の指導ではどんなテキストを使う?

家庭教師に指導を依頼するにあたって、使うテキストは自分で用意する場合と、家庭教師を派遣する大きめの企業が用意する場合があります。
派遣する方はオリジナル教材を用意している場合が多く、しかも費用が高いという傾向があります。
個人で家庭教師を依頼する場合や、派遣センターそのものがそれほど大企業でない場合は、自分でテキストを用意することになります。
自分で用意をするなら本屋さんで問題集や参考書を購入しても1万円以下で購入できますが、オリジナル教材の方は月々1万円ずつ支払うような数十万円というテキストを販売している場合が多いのです。
そのローンに加えて授業料が必要です。
しかもその内容は、塾講師のように高度な指導力を持った講師がなかなか在籍しない企業が作っている物なので、塾がオリジナルテキストを作るほど質が高いわけでもないのです。
そのため家庭教師を依頼するときは、自分で自分合ったテキストをそろえるというところに依頼することが勧められます。

お子さんに合わせて選びたい 家庭教師と進学塾の違い

4月になってお子さんの新学年が始まりました。
学校生活で一番不安なのは学習面ではないでしょうか。
ここでは進学塾に行かせるのがいいのか家庭教師をお願いするのがいいのかとお悩みの方へ、両方のいいところについて上げていきます。
家庭教師のいいところは自宅でリラックスして授業を受けられるところです。
他の生徒さんがいない分、周りの目を気にせず自分のペースで学習できます。
分からないところはすぐに先生に質問できるのもいいところです。
先生が自宅まで来てくれるので、送り迎えの必要がなく交通事故等の心配もありません。
進学塾のいいところは周りのお友達と切磋琢磨しながら学力を上げることができることです。
中高生のみなさんには定期テストや入試対策の勉強会を行っている塾もあります。
最近では集団授業だけでなく個別授業も行うところがあり、よりきめ細やかな指導を受けることができます。
これらの点を参考にしていただいて、お子さんの個性に合った学習法が見つかると幸いです。

家庭教師に関する情報サイト
いい家庭教師を見つけよう

このサイトでは、家庭教師に関するさまざまな情報をご紹介しています。塾と違っているところや、授業や指導方法などについても、このサイトでは詳しく解説をしています。どのようなテキストを使用して生徒を指導をしているのかということも、このサイトを読めば知ることができます。指導日の変更が簡単にできるということもこのサイトでは紹介していて、これからこうしたサービスを利用することを考えている人が読んで役に立つ情報が満載です。

Search