家庭教師って塾とどう違う?家庭教師の授業や指導方法などについて詳しく解説

このサイトでは、家庭教師に関するさまざまな情報をご紹介しています。
塾と違っているところや、授業や指導方法などについても、このサイトでは詳しく解説をしています。
どのようなテキストを使用して生徒を指導をしているのかということも、このサイトを読めば知ることができます。
指導日の変更が簡単にできるということもこのサイトでは紹介していて、これからこうしたサービスを利用することを考えている人が読んで役に立つ情報が満載です。

家庭教師って塾とどう違う?家庭教師の授業や指導方法などについて詳しく解説

家庭教師と一般の塾では、さまざまな点において違いがあります。
授業内容にも違いが見られ、家庭教師は生徒の目的に合わせて授業内容を決めていることも多いです。
学校の勉強を補習するための授業がおこなわれていることもあれば、受験対策のための授業がおこなわれていることもあります。
塾では、選んだコースによって授業内容が初めから決められていることも多いです。
指導方法にも違いがあり、家庭教師では講師が生徒にマンツーマンで指導する方法が一般的です。

家庭教師には種類がある?プロと学生の違い

家庭教師にも様々な種類があり、大きく分けるのなら講師陣がプロの場合と学生の場合とがあります。
まず最初にチェックしたいのが料金面ですが、やはり学生の方が割りやすくなっており、手頃な価格で利用できるケースが多いようです。
内容に関してはプランニングをしてくれるというよりは、教科書等にそって分からないところができるように指導していくというスタイルです。
そのため、学校の勉強に追いつきたい場合には良いかもしれません。
それに対し、プロの家庭教師はプランニングまでしっかりと行ってくれますので、成績を伸ばしたい時に最適です。
また、学習に関するノウハウをたくさん持っていて、それらの知識やノウハウを惜しみなく指導に活かしてくれるところも見逃せません。
高いレベルを目指しているお子さんには、内容がしっかりとしていて質の高いこちらの方が向いています。
年の離れた人からの指導では緊張してしまうケースや、大学の話等を聞いてみたい場合には学生家庭教師をお勧めします。

高校大学受験にも対応できる家庭教師

家庭教師は自宅に来てもらうことが出来ますし、個人指導と同様で自分のペースで学習を進めていくことが出来るのが最大のメリットです。
塾や個別指導の教室に関しては、通うことになりますが家庭教師であれば自宅に来てもらうことが出来ますので、通うための時間も短縮出来ます。
特に地方の方ですと、塾までの送り迎えというのも必要になることも想定されますし、家まで先生が来てくれるというシステムは重宝するでしょう。
また高校受験までにも対応していますが、注目は高校大学まで幅広く対応している所もある事です。
大学受験に関しても、経験豊富なベテラン講師がいる所であれば、ノウハウも有りますしそれぞれの生徒さんに合わせた指導を受けていくことが出来ます。
選んで良かったという声も多く寄せられている所も有りますし、まずは口コミ評判であったりランキングなども参考にして選んでいきましょう。
体験をするとその違いも分かりますので、まずは体験からです。

家庭教師で指導を受けるときにかかる費用

家庭教師で指導を受けることになったら、様々な名目で費用が発生します。
まずは申し込むと発生する入会金ですが、これは2万円前後が相場です。
入会金は発生しないこともあり、依頼先に確認してみる必要があります。
万が一支払いが滞った時のために保証金が発生するケースでは、きちんと支払っている場合には退会する時に全額返金されます。
進路相談をしたり学習プランの作成を依頼したり、受験情報を提供してもらうことでもサポート費が発生し、これは月々5千円位に設定されています。
また、家庭教師に依頼する場合には講師の交通費も別途支払う必要があり、それほど高額ではありませんが、自宅の遠い講師に依頼すると高めになるので注意が必要です。
会社によっては授業料の中に交通費が含まれており、その分時間単価が少しだけ高く設定されているようです。
教材に関しては、オリジナルのテキスト等を用意しているケースで高額な教材費がかかることもあります。

家庭教師は何教科まで教えてもらえる?

家庭教師は基本的には、小学生や中学生であったならば本人が望めば何教科でも教えてもらうことが可能です。
高校生の場合は、科目数が増えることやより、専門的に学習することになるので、全教科を学ぶことは難しいでしょう。
高校で習う学習は、偏差値の高い学校ですと内容の面でもかなりハイレベルとなる為に、誰でも教えられるわけではありません。
現役の大学生や講師歴の長い家庭教師が在籍しているところでしかタイプしてくれない場合もあるので、事前に問い合わせてみるとよいかもしれません。
小学生や中学生でも全てを教わるケースとなると時間の確保が厳しくなりますし、その分、費用の面でも高くなります。
また、意外にも家庭教師に教えていただく科目は多いよりも少ない方が集中できる力がつきやすいために、成績も上がる傾向にあります。
ですから、はじめは特に苦手な科目だけを習って、成績の成果が出始めたら他の科目も教えてもらうようにしましょう。

家庭教師に関する情報サイト
いい家庭教師を見つけよう

このサイトでは、家庭教師に関するさまざまな情報をご紹介しています。塾と違っているところや、授業や指導方法などについても、このサイトでは詳しく解説をしています。どのようなテキストを使用して生徒を指導をしているのかということも、このサイトを読めば知ることができます。指導日の変更が簡単にできるということもこのサイトでは紹介していて、これからこうしたサービスを利用することを考えている人が読んで役に立つ情報が満載です。

Search